人間ですもの、忘れる事もあります。

こんばんは。
唐津で薬局してます。山下至誠堂薬局の山下善太郎です。久しぶりに自己紹介です。
何となく、まだ体調が万全ではありません。腰痛と肩こりが中々改善しませんね。少し長引いているので、腰痛軽減の為に、牽引なるものをしました。牽引すると、胴体が伸びて、足がもっと短く見えるのではないか、なんて考えながら治療を受けていました。でも、牽引の御蔭か、腰は少し楽になりましたね。なので、良くなるまで今度こそは通いたいと思います。それにしても、薬の副作用かなぁ—-。眠い。
なので、今日も、カンタンにブログ更新です。

今回、上で書いてる様に、腰痛と肩こり痛で病院通ってます。その時、お薬処方してもらってます。その薬を飲んでいて気付いたのですが、1日3回のお薬は、よっぽど気にしてないと飲み忘れますね。今回で、飲み忘れる患者さんの気持ちがよく分かりました(笑)。

1日1回や2回の薬って、気にしてるせいか飲み忘れないんですよね。でも、真ん中のお昼の薬ってついつい、飲み忘れます。辛いとか辛くないとかは、別にして、忙しくてお昼食べないと、いつの間にか15時って事もあります。キット患者さんも、こんな感じで飲み忘れているんですね(笑)。

なので、今日はお薬を飲み忘れた時の対処方法です。

お薬を飲み忘れた時の対処方法

お薬を飲み忘れたのに気付いた時は、思い出した時に服用する様にして下さいね。
1日3回の薬の場合は、次の薬を飲むまでに4~5時間以上
1日2回の薬の場合は、次の薬を飲むまでに6~7時間以上
1日1回の薬の場合は、次の薬を飲むまでに最低でも、8~9時間以上間隔をあける様にして下さいね。
他に最近では、1週間に1回、月に1回、起床時に飲む薬など、薬によって服用方法が異なる場合もあるので、お薬を調剤して貰った薬局の薬剤師さんに、シッカリ聞いてくださいね。
くれぐれも、飲み忘れたからと言って、2回分をまとめて服用しない様に気を付けて下さい。

余ったお薬はどうしたら良いの

今回の事で分かりましたが、薬局で調剤して貰ったお薬で、何の薬か分からなくなったり、飲み忘れて、お薬が余ってる方もいらっしゃると思います。そんな時、薬剤師は、余ってるお薬と同じお薬が処方されている場合は、病院の先生に許可を貰った後ですが、数量を調整する事が出来るんです。なので、病院では言い辛い方は、いつもお薬貰ってる薬局の薬剤師に相談して下さいね。この作業をする事で、医療費の抑制ってかなり出来るんですよ。テレビなどでも、国家予算の内の医療費が大きすぎるって言われますが、この様な個人の取り組みだけでも、少しずつですが、医療費って抑制できます。健康で長生きするためにも、もっと薬局・薬剤師を活用して下さいね。

コレに余った薬を入れて、掛かりつけの薬局に持って行くと調整してくれますよ。(袋は佐賀県の物です)
コレに余った薬を入れて、掛かりつけの薬局に持って行くと調整してくれますよ。(袋は佐賀県の物です)

 

 

 

The following two tabs change content below.
山下 善太郎

山下 善太郎

代表取締役株式会社 山下至誠堂
大学卒業後、大手ドラッグで勤務(約5年)→佐賀県唐津市の『山下至誠堂薬局』(稼業)を継いで約15年(2019年現在)になります。ここ最近は、父が社長の松浦漬本舗も少しずつですが手伝う様になりました。松浦漬は、鯨の軟骨を酒粕に漬けた商品で、日本酒 白ワイン 白ご飯似合う珍味です。最近は、松浦漬のことを多めに記事を書いています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket