予防が大切です。

おはようございます。
今日は、朝から気温が高めですね。車の中の外気温表示が17℃になってました。雨が降ってはいますが、もう春みたいな感じです。そんな気温ですが、まだまだ風邪が流行っているみたいです。油断せずにしっかり予防だけはして下さいね。
今回の出張でももちろん、宝くじ買って来ました。今発売の『バレンライン女神くじ』。女神がほほ笑むかどうかは分かりませんが、23日の抽選日がかなり楽しみです。

今回購入したのは、『バレンタイン女神くじ』。ジャンボと違って当選金額は少なめですが、それでも楽しみです。
今回購入したのは、『バレンタイン女神くじ』。ジャンボと違って当選金額は少なめですが、それでも楽しみです。

予防はかなり大切です。

この時期、風邪や花粉症と似た症状が出る事が有ります。その病気の名前は、後鼻漏(こうびろう)。初めてなる方はよく分からないかもしれませんが、頭痛・鼻詰まり・鼻水・喉の違和感・痰・耳の違和感など本当に風邪みたいな症状が、長く続くことがあります。この症状の時、風邪や花粉症と似た症状なので、市販の鼻炎薬や風邪薬を服用する方が多いと思います。しかし、これだと、鼻水・鼻詰まりは一時的には止まります。しかし、鼻水が固まった様な感じになるので逆に不快感が残る感じがします。また、風邪薬を長めに服用する事は、体にも良くありません。この様な症状の時は痰の切れが良くなるような成分を含んだお薬や副鼻腔炎(蓄膿)用の漢方薬を飲むがおススメです。
薬局・薬店には置いてるはずなので、分からない時は相談して下さいね。

予防はうがいから

風邪の予防と言えば、うがいですよね。うがいで、全ての雑菌を排出する事は出来ません。しかし、喉を潤したり、冷やしたりする効果もあるので、今の様に、花粉症も風邪も流行って時はする様にして下さいね。これと同じで、後鼻漏の時も、うがいがとっても効果的です。それも『鼻うがい。』しかし、鼻うがいとなると、している方はかなり少なくなります。でもこの鼻うがい慣れれば、頭が痛かったり、重たかったりする症状も鼻うがいするだけで、かなりスッキリします。鼻うがいすると鼻腔に溜まってた膿みたいなものが一緒に出てきますよ。後鼻漏がヒドイ方だと、緑の鼻水みたいなものが、うがいと共に一緒に出てくるんです。最初は怖いかもしれませんが、やってみるとこんな物かって感じです。だから、怖がらずにしてみて下さいね。
どの様にすればいいか分からない?そんな声が聞こえてきそうですが、私が使ってる鼻うがいの道具はコレ。とっても使い勝手がいいです。下を向いてノズルを鼻に刺して、『エ~』と言いながらポンプを押すだけです。

自分が使ってるハナクリーンα。かなり使い勝手がいいですよ。

この道具は少し本格的ですが、カンタンな物だと1000円未満でカンタンな道具(小林製薬のハナノア)もあります。

まとめ

ただの鼻炎と思って鼻炎薬飲んでいても症状が良くならない時は、副鼻腔炎や後鼻漏の可能性があります。また、ロキソニンが発売されてからたくさん売れてますが、ロキソニンが効かない頭痛の場合は鼻が悪い可能性があります。病院に行って検査するのも必要ですが、一度鼻うがいを試してみて下さいね。

The following two tabs change content below.
山下 善太郎

山下 善太郎

代表取締役株式会社 山下至誠堂
大学卒業後、大手ドラッグで勤務(約5年)→佐賀県唐津市の『山下至誠堂薬局』(稼業)を継いで約15年(2019年現在)になります。ここ最近は、父が社長の松浦漬本舗も少しずつですが手伝う様になりました。松浦漬は、鯨の軟骨を酒粕に漬けた商品で、日本酒 白ワイン 白ご飯似合う珍味です。最近は、松浦漬のことを多めに記事を書いています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket