わんぱく相撲全国大会の報告

こんにちは。
昨日から2日間、東京に『わんぱく相撲全国大会』の引率に行ってました。帰りの飛行機まで少し時間があるので、その間にブログの更新です。
今回で2回目の観戦でした。小学生の相撲と言っても、さすがに各地区の予選を勝ち上がって来ただけあって、体を大きいし、迫力もあります。中には本当に小学生かと疑う位の体格の子供がいたりします。
そんな中、本当に小学生みたいな体格で体が細い選手が、大きい選手を投げる様子を観るたびに、両国国技館の館内は、大きな歓声に包まれていました。なぜか、大きい選手が勝つより小さい選手が勝つ方が面白く感じるのは何故なんでしょうね。
唐津から参加した選手の結果は、4年生が2回戦で敗退・5・6年生は1回戦敗退という結果に終わってしまいました。しかし、あの大相撲が行われている両国国技館で相撲が取れた事は、夏休みのいい思い出になったはずです。4年生・5年生は来年もチャンスがあるので頑張って欲しいものです。

こんな感じで『わんぱく相撲全国大会』は行われました。
こんな感じで『わんぱく相撲全国大会』は行われました。

相撲も面白かったのですが、わんぱく横綱の土俵入りは、小学生ながら迫力もあり圧巻でした。

小学生横綱の土俵入り。体が本当の横綱と比べて小さいだけで、する事は全く同じです。
小学生横綱の土俵入り。体が本当の横綱と比べて小さいだけで、する事は全く同じです。

では、飛行機の時間も迫って来たので、今日は短めの日記的ブログです。

The following two tabs change content below.
山下 善太郎

山下 善太郎

代表取締役株式会社 山下至誠堂
大学卒業後、大手ドラッグで勤務(約5年)→佐賀県唐津市の『山下至誠堂薬局』(稼業)を継いで約15年(2019年現在)になります。ここ最近は、父が社長の松浦漬本舗も少しずつですが手伝う様になりました。松浦漬は、鯨の軟骨を酒粕に漬けた商品で、日本酒 白ワイン 白ご飯似合う珍味です。最近は、松浦漬のことを多めに記事を書いています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket