松浦漬の賞味期限が缶詰なのに短いのには理由があります。その理由は。

食べ物って、味だけでなく見た目も重要だと思っています。

日曜日にゴルフというものをして以来、した2日後から筋肉痛です(笑)既に3日もたっているにも関わらず、筋肉痛です。普段全く筋肉使ってない事が分かりますね。今回のゴルフをしてよく分かったのですが、スポーツによって使う筋肉って本当に全く違うんですね。今回のゴルフでの筋肉痛は、左腕と背中が痛いです。
以前テニスをした時は、右腕と胸でした。
当たり前のようですが、スポーツにあった体に鍛え方をしないと上達しないのかもしれませんね。
佐賀県唐津市で松浦漬という漬物屋と薬局を営んでる山下です。

松浦漬の賞味期限が短いのには理由があります。

一般的に缶に入った商品は消費期限が製造から1~2年のものが多いですよね。鯖の缶詰やツナ缶も多分同じくらい持ちます。それも常温で。それに比べて松浦漬の賞味期限は3ヶ月(90日)です。

松浦漬の缶詰の賞味期限を3ヶ月にしているのには理由がります。

酒粕は、一般的に常温で保存すると発酵が進んでしまいます。そのため、出来るだけ真空で松浦漬を充填しても、どうしても酒粕の発酵が進んでしまうんです。特に春〜夏場(気温が暖かい)だと、売り場に常時、冷房が効いているわけでもないので、発酵のスピードが速くなる事もあるんです。そのため、夏場の保存期間に合わせて、賞味期限を3ヶ月にしています。

これが、現在1個しか会社にもない、本当に初期の初期の缶です。だいぶん、違いますよね。この当時は、賞味期限という言葉もなかったのかもしれませんね。

松浦漬は、製造後3ヶ月以上経つとどうのようになるのか

松浦漬を作る時に、酒粕に砂糖を混ぜます。そのため、発酵する過程で『糖化』という現象が起こり、酒粕が茶色〜黒っぽく変化するんです。この現象を抑えるには、どうしても添加物を入れなくてはなりません。その添加物を使用したくないため、今だに缶詰商品でも、60~90日の賞味期限で販売をしています。
実際、保存方法を冷凍にすると、かなりの年月持つと思うのですが、一般的な保存方法(常温)だと、この期間しか酒粕の色が持たないため、短めに設定しています。

まとめ

食べ物って、なんでもそうだと思いますが、味はさることながら、見た目もとっても大事ですよね。そのため、いざ食べようとした時に黒っぽい粕漬けよりも、美味しいそうな黄色い酒粕の方が食欲をそそりますよね。それを考えて、松浦漬では、常温保存の缶の賞味期限を90日(約3ヶ月)に設定しています。ご了承ください。

松浦漬のこともう少し見てみたいって思われた方はこちらをクイックして下さい。
遠方で店舗での購入ができない方は、通信販売も行なっております。

最後に、自分が小さい頃から変わっていない松浦漬のCMをどうぞ〜
歌が地元では人気なんですよ〜(俺の周りだけかな?)

The following two tabs change content below.
山下 善太郎

山下 善太郎

代表取締役株式会社 山下至誠堂
大学卒業後、大手ドラッグで勤務(約5年)→佐賀県唐津市の『山下至誠堂薬局』(稼業)を継いで約15年(2019年現在)になります。ここ最近は、父が社長の松浦漬本舗も少しずつですが手伝う様になりました。松浦漬は、鯨の軟骨を酒粕に漬けた商品で、日本酒 白ワイン 白ご飯似合う珍味です。最近は、松浦漬のことを多めに記事を書いています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket