LOTOはコミュニケーションの手段にもなる。

こんばんは。昨日と今日と2日間東京で『日本専門薬局同志会』の研修でした。
同じ境遇の人の話を聞くのもとってもためになります。
帰りの飛行機で、初めての経験をしました。
飛行機に『落雷』。
最初は、収納から、何か大きい物が落ちた音かと思いました。それ位結構、大きな音がしました。
揺れたりはしませんでしたが、少し心配になりました。

今日は、久しぶりに趣味のLOTOについてです。

最近、スタッフと一緒になって、LOT6・7を毎週買ってます。みんなかなり真剣に数字を考えて、選んでいます。ひょっとすると、仕事以上に真剣に悩んでいるかもしれません。

証拠に

IMG_1926[1]

かなり、真剣です。
最初は、かなり適当に数字選んで買ってました。でもそれでは、ダメってスタッフに注意されてから、出なさそうな配列を考えたりして、当たる確率を自分勝手に上げながら毎週、2回も購入しております。

まだ、6等も当たった事ありませんが、真剣に購入しております。

このLOTを始めて思った事

会社の中で上下をあまり考えずに色んな意見を言える雰囲気をつくるには、なんでもいいので、趣味をスタッフと共有する。これは、すごいコミュニケーションの手段になると実感してます。
社長・店長など『長』のつく人って案外、距離を置かれる傾向にありませんか?確かに少し厳しく言わなければいけない立場なのでしょうがないかもしれません。
しかし、趣味の事だったら案外聞いてくれるし、楽しそうに話してくれます。いかに、いつも興味のない事を言ってるのか実感させられますが・・・。
特にお店の中で齢の差が一回り以上離れてるスタッフがいる、お店などでは、趣味を共有する事っていい事だと思います。趣味の中でも、LOTOなどは、お金もかかって週に200~300円ですし、数字を選ぶのに同じ数字選ぶよりも、違う数字選んだ方が当たる確率が高くなるので、絶対に話しますよね。楽しく話すって、すごいコミュニケーションになると思います。また、当たった時の夢の話なんかもすると、その人の考えも少しは分かってきます。
今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

今日は、2日間研修で疲れ気味なのでこれ位で・・・

★Facebook友達申請(メッセージ付きでお願いします)orフォローして下さい。

https://www.facebook.com/zentaro.y

★twitterでも情報更新してます。フォローして下さい。
https://twitter.com/ZEN0111
 

 

The following two tabs change content below.
山下 善太郎

山下 善太郎

代表取締役株式会社 山下至誠堂
大学卒業後、大手ドラッグで勤務(約5年)→佐賀県唐津市の『山下至誠堂薬局』(稼業)を継いで約15年(2019年現在)になります。ここ最近は、父が社長の松浦漬本舗も少しずつですが手伝う様になりました。松浦漬は、鯨の軟骨を酒粕に漬けた商品で、日本酒 白ワイン 白ご飯似合う珍味です。最近は、松浦漬のことを多めに記事を書いています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket