『心配事の98%はとりこし苦労』は本当だった。

久しぶりにブログ更新します。
本当に暑い日が続いていますね。朝の通勤時間の車の外気温表示が8:00の時点で30℃超えてました。熱中症には気を付けて下さいね。
ブログ更新してない間、ほとんどスマホもほとんど触らずに、薬局のパソコンと『今日の治療薬』などを見ながら薬の勉強をしていました。

薬局でよく利用する本です。最近では電子版も出てますが、未だに紙バージョン使ってます(笑)

試験ではないんですが、試験の様なもの為に店舗の薬剤師と一緒に準備してました。勉強すればするほど知識が足りない事を改めて実感させられました。
そんな試験の様な事も終わりヤット一息ついてます。それにしても、切羽詰まらないとやらない所は、年をとっても変わってない事を気付かされました(笑)。最近は、何事も忘れやすくなってる様に感じます。

そんな今日は、今回の事で気付いた事

仕事をしていると、色んな事が起こりますよね。急なクレームの対応。緊急の呼び出しへの対応。
急な事って気持ち的にも本当に焦ります。その場でなんでも解決できればいいのですが、スグに解決できない事もあります。
その様な時は、実際はどうしようもない事なんですが、心配ばかりしてしまいます。過ぎてしまった事なので、そうも出来ないんですけどね。
今回の試験の様なものもその日が来ないとどうも出来ないのですが、心配でいたたまれませんでした。
そんな時に思い出した言葉が、『心配事の98%はとりこし苦労』って言葉です。よく、藤村先生が言われている言葉です。
今までこの言葉の意味は、心配してもどうしようもない事は、何も考えない方がいいって捉えていました。
しかし、今回の事で、少し捉え方が変わりました。
『なんでもしっかり準備していれば、心配しなくても何とか乗り越えられる』
何もしないのが一番ダメなんですよね。

さぁ、やっと心配事もなくなったので、これからまた、ブログも頑張ります。
昨日、夕立の後に、2本の綺麗な虹が見えました。2本の虹って珍しいですよね。

下の虹の上にもう1本の虹が・・・
The following two tabs change content below.
山下 善太郎

山下 善太郎

代表取締役株式会社 山下至誠堂
大学卒業後、大手ドラッグで勤務(約5年)→佐賀県唐津市の『山下至誠堂薬局』(稼業)を継いで約15年(2019年現在)になります。ここ最近は、父が社長の松浦漬本舗も少しずつですが手伝う様になりました。松浦漬は、鯨の軟骨を酒粕に漬けた商品で、日本酒 白ワイン 白ご飯似合う珍味です。最近は、松浦漬のことを多めに記事を書いています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket