発酵食品を食べることは、健康食品を摂るよりも健康にいい理由。

クスリやサプリメントを摂りたくないのなら、発酵食品を1日1回は食べる様にしましょうね。
薬局を経営しながら、松浦漬という漬物屋もしている山下です。

職業上、健康相談を受ける機会が多くあるのですが、クスリや健康食品に頼る前にしなければいけないことってたくさんあるんですよ。
ここ数年、益々、健康志向が強くなっています。新聞の折り込みチラシや、テレビの通販番組でも、毎日のように健康食品の定期購入の案内多いですよね。

サプリメントは、補助的なものなんですよ。

薬局にいるときに、お客様からよく聞く言葉があります。それは、『クスリを、飲みたくないから健康食品をたくさん飲んでる』って言葉です。
あれだけ、毎日色んな健康食品のCMしていたら買いたくもなるんでしょうね。でも、それは違うよって、お客様にいつも伝えています。

伝えている内容は、バランスよく食べる事と、日本に昔から伝わる発酵食品を摂ることです。健康のバランスは、『食』からだと私は考えているからです。
先日の折り込みチラシを見たときに、『腸活』って文字を見ました。腸内免疫が病気になりにくい体を作っているのは間違いないので、『腸活』をする事は間違いないと私も考えています。
そのチラシに、乳酸菌がこれ一粒で何億個摂れますって文字がありました。確かに、それで生きていく上で必要な善玉菌は、摂れるかもしれません。しかし、それでいいわけないですよね。
なぜなら、この健康食品(サプリメント)を摂る生活習慣は、欧米から来たものなんです。もともと、日本には無かったシステムです。なので、日本人の体に合った腸活をするべきだと私は思います。
そこで、オススメしたいのが発酵食品を毎日シッカリ摂る事。それも、日本に昔から存在する発酵食品を1日1つでもいいので摂る事です。
その理由は、『日本に昔からある発酵食品=日本人の腸に一番合っている菌が多い』って事なんです。

昔からある発酵食品でオススメなのが、『酒粕、味噌、納豆など』です。これらをおすすめする理由は、出来上がる過程で、生きている酵母がたくさん入っているからです。これらの菌が日本人の腸にはとっても合っているんですよ。だって、良くなかったら何百年も残ってないはずですからね。
できれば、発酵食品が入った食事を毎日1日1食摂って、今までと違った健康を手に入れてくださいね。

ここまで書いたのは、実は松浦漬の商品を買って欲しかったからです。この時期、お中元前ということもあって通販部門が忙しくないので、売り込みのために書いてみました。酒粕商品が気になる方は松浦漬のホームページを見て下さいね。

松浦漬では、納豆以外の酒粕や味噌を使った商品を販売しています。特に酒粕に関しては、明治時代から125年に渡り、酒粕を使った商品を作り続けてます。
お酒の肴としてでなく、腸の健康の為にも酒粕を使った松浦漬の商品を食べて下さいね。酒粕商品が気になったらこちらから検索して下さいね。
写真の松浦漬秘伝の西京味噌に漬け込んだ魚の西京漬だと、酒粕と味噌の2つの発酵食品が摂れます。
よろしくお願いします。

少し前に松浦漬で販売していた鮭の西京漬けです。今は、パッケージを変更して販売しています。
The following two tabs change content below.
山下 善太郎

山下 善太郎

代表取締役株式会社 山下至誠堂
大学卒業後、大手ドラッグで勤務(約5年)→佐賀県唐津市の『山下至誠堂薬局』(稼業)を継いで約15年(2019年現在)になります。ここ最近は、父が社長の松浦漬本舗も少しずつですが手伝う様になりました。松浦漬は、鯨の軟骨を酒粕に漬けた商品で、日本酒 白ワイン 白ご飯似合う珍味です。最近は、松浦漬のことを多めに記事を書いています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket